福利厚生

いつも明るく前向きに、仕事に取り組んでいただくために。

シノダでは、社員こそが財産。社員一人ひとりが持てる力を存分に発揮できるように、仕事をしやすい職場環境や各種制度を用意しています。


ワークライフバランスを実現する各種制度

建設関連の業界では、月に1~2回土曜出勤の会社が大半ですが、当社では古くから完全週休2日制度を実施しています。これは、いきいきと仕事をしていただくためには、しっかり休暇を取ることも大切であるという考えからのものです。
また、社員本人のみならず、ご家族も安心していただけるように、育児休業制度(最大●日間)をはじめ、子育てやご家族の介護のために勤務時間を短縮できる「短時間勤務制度」を設けています。さらに「病院へ寄りたい」「運転免許の更新をしたい」といった短時間の所用の際に便利な「半日休暇制度」もあります。
長期休暇が必要な場合には、消化していない有給休暇をまとめて使える「年休積立制度」があります。出産、病気療養、ご家族の介護に活用できるほか、海外留学などの自己啓発にも役立てることができます。
また、入社して10年・20年・30年・40年といった節目には、「リフレッシュ休暇制度」があります。勤続年数に応じて9~16日間の休暇が取れ、会社からは功労金も支給されます。該当者は新年会の席上で発表されますので、周囲に気兼ねすることなく、長期休暇をお楽しみいただけます。

自由に選べるカフェテリアプランを採用

シノダでは「福利厚生倶楽部」に加入しており、同倶楽部が用意した福利厚生メニューの中から、お好みのプランを自由に選ぶことができます。たとえば、国内外のホテルや旅館の宿泊、スポーツクラブの利用、各種イベントへの参加などを特別料金でご利用いただけます。社員本人はもちろん、ご家族のご利用も可能です。


社員同士のコミュニケーションの場も充実

シノダでは、業務を離れた社員同士のコミュニケーションも大切に考えています。そのため、各店舗で実施する忘年会や暑気払い、同期や同職種が集う研修後の慰労会などは会社が費用を負担しています。
また、クラブ活動も盛んで、たとえば、フットサルは各店舗にチームがあり、年一回「シノダカップ」と銘打って、全店舗のチームを集めて大会を開催しています。そのほかにも、野球、テニスなど多彩なクラブがあり、趣味を同じくする社員同士が職種や店舗の枠を超えて交流を深めています。会社もクラブ活動を奨励しており、活動費のサポートなどを行っています。
そのほかの交流の機会としては、毎年1月5日に会場を借りて、「新年会」を開催しています。全社員が参加するほか、定年退職されたOBの方々にもご参加いただき、全社を挙げた恒例の一大イベントとなっています。

施設

食堂(昼食費補助)、健康保険組合保養所、福利厚生倶楽部加入

各種保険

健康保険、厚生年金、厚生年金基金、雇用保険、労災保険、団体扱グループ保険

余暇活動

クラブ活動(野球、テニス、スキー、フットサル、ゴルフ、フィッシング、ハイキング)ほか、レクリエーション補助

余各種制度

退職金、企業年金、財形貯蓄、貸付金(一般・住宅)、被服貸与、慶弔見舞金、表彰制度、マイカー通勤、年休積立制度(傷病、出産、介護、自己啓発)、リフレッシュ休暇


●フィッシングクラブ

●野球クラブ

●フットサルクラブ


●レクリェーション

●新年会

●OB社員交流会

リクレーション

社員会

新年会、バーベキュー、クラブ活動など各種行事を通して、社員の懇親融和を図っています。

社友会

会社を定年退職したOB社員の皆さんの会もあり、社員会とも交流しています。

採用情報